銀行系カードローンを使う時の注意点

銀行系カードローンを使うメリットは、金利が低めに設定されている事が多い点です。
給与の振込や各種公共料金の引き落としなどをしていると、提示されている以上に優遇された金利を適応される場合もあります。
しかも、貸金業法にかからない融資になるので、年収の1/3以内などという貸し出しの上限がありません。
高額で目的のある借入であれば、利用しやすいという事になります。
反面、デメリットは審査が厳しい事です。
返済能力がきちんとあるか、借入は多すぎないかという事などを時間をかけて審査されます。
最近は、ほかのカードローン会社と変わらないスピードで審査する商品も出てきていますが、申し込みから融資まで、ほかの会社より銀行系カードローンは時間がかかることが多くなります。
そして、借りたり返したりを繰り返しているうちに、自分の口座から普通に入出金している事のような感覚を持ってしまう事があり、そうなるとローンはあっという間に限度額に達してしまいます。
そうなると、返済ができなくなったり、そのために別のカードが欲しくなり、新しい契約先を探すようなことにもなりかねません。
新しいカードを作れる人もいるかもしれませんが、作ることができない人はお金を借りたい一心で悪徳業者にだまされてしまうかもしれません。
このような流れを絶つように規制されていますが、悪徳業者はいまだたくさんいます。
気をつけなくてはいけない事です。

即日審査ができるのが、カードローンの強み

カードローンの基本は即日融資ですね。

カードローンの申し込みは、ネットでできるのですが、近くにカードローンを利用した窓口がある人の場合即日でカードローン用のキャッシュカードの発行を受けることができるので、即日審査でカードローンを提供している金融機関は多いのです。

カードローンと聞くと、どうしても消費者金融や街金などのマイナスイメージの金融機関をイメージする人が多いのですが、最近は大手銀行もカードローン事業に参入しているので、消費者金融を利用するのが嫌だと思う人は、ぜひ銀行のカードローンを利用してみるといいでしょう。

たとえばオススメなのは、阿部寛さんがコマーシャルに出演していることで有名な、三菱東京UFJ銀行ですね。

三菱東京UFJ銀行は、コマーシャルでも大々的い宣伝しているように、平均審査時間40分程度ですので十分即日審査のカードローンと言っても問題ないでしょう。

しかも審査が終了している人であれば、三菱東京UFJ銀行の窓口に出向くことで即座にカード発行をすることができるので、お金を借りたい日にカードを入手ができるオススメ銀行です。

即日融資は便利だけど・・

こんなことを言うとブーイングの嵐となりそうですが、それでも声を大にして言いたい。「なんで田舎は不便なことばかりなんだーっ!」って。

だって、交通機関なんて、あって無いようなものじゃないですか?最寄りのバス停の時刻表、上下それぞれの便が1日に4本ですよ、4本!もうビックリしましたね。朝の始発を逃せば絶対に遅刻。おかげで、本当ならもう1時間は眠られるのに我慢して起きてるんです。また、電車なんて「汽車」ですからね。撮り鉄とかにはウケるかもだけど、こっちも便が笑えるほど少ない。笑えたのが、終電は7時台なこと!中学生ですら困りますよね!

あと、クレジットカードが使えないところが多い・・というか、ほとんど使えないこともかなりなマイナスポイントです。前に住んでる所なら、ほとんどがカードで払えたけど、今は現金オンリーで不便ったらない。マイルも溜まらないし!

先月なんて、現金が足りないから即日融資を組んじゃいましたよ。本当にその日中に融資が受けられたので感心しましたね。「時代は進んで行ってるんだなあ・・ここ以外は!」とちょっと悲しくなったけど。スマホが無かったら気が狂っていたかもしれませんね!

会社からの命令だけど、せめてもう少し便利な所に住みたかったなあ・・。出向期間はまだ数年残ってるけど「実は、このまま栄転とかじゃないのか・・!?」と思うと、居ても立っても居られない気持ちになるんです。そういう会社ですから。転職、考えてみようかな・・。

ウォーターサーバーを置く場所に困る

昨年引っ越しをしました。
そのときに旦那と少しもめたのが、水をどうするか、ということ。
私の住んでいる地域ってあまり水道水がよくないんですよね。
一度遊びに来た姉があまりのまずさにその水で作った麦茶もコーヒーも飲めなかったという。
東京で住んでいたこともあって、そのときは平気で水が飲めていたのに、どういうこと?と言われて。
それから水に対しては気にするようになりました。
それで今まではブリタで浄水していたのだけど、ろ過に時間がかかるし、置く場所ないし。
それで引っ越しを機に変えようとしたのだけど、旦那はウォーターサーバーがいい、といって。
だけどいったいどこに置くのよ、ということになって。
それで友達にみんなどうしている?と聞いたら、1人はもともと浄水器がついていたらしく、一人は蛇口に取り付けるタイプを使っているとのこと。
なので、私も蛇口に取り付けるタイプのを使うことにしました。
フィルターの取り換えをしょっちゅうしないといけないのが面倒だけど、まあ快適かな。
ほんと、水がおいしくないというのはまいっちゃいますね。

錦糸眼科の人気は途絶えることはない

ここのところ、レーシックがとても話題になっていますね。

それだけレーシックを受ける人が増えているということになるのではないでしょうか。

レーシックを受けると視力が回復すると言われていますが、実際にレーシックを

受けた人たちはこれを現実のものにしているそうです。

これまで「裸眼で物を見たい」「コンタクトレンズやメガネを使用せずに過ごしたい」と

強く願っていたと思うのですが、これが現実になるというのはとても嬉しいですよね。

また、レーシックに興味を持っていたりレーシックを受けたいと考えている人も

多いと思うのです。

レーシック手術を行っている病院、それだけではなく信頼できる病院を探すという

ことがとても大切になるでしょう。

実は錦糸眼科の人気が高く、多くの人たちがレーシック手術を受けるために訪れている

そうですよ。

この眼科では、ベテランドクターがレーシック手術を行います。

レーシック機器については目に負担がかからないものを使用しているんですよ。

この眼科の人気が高い理由の1つに「費用が格安」があります。

安い価格であっても手術後にトラブルが起こらないようにしっかりとケアをしてくれますから

安心できるのではないでしょうか。

顔脱毛がない脱毛サロンが多い

脱毛サロンで取り扱っている脱毛のメニューのほとんどは、首から下の脱毛を行うサロンがほとんどになっています。

ムダ毛が気になる部分としてあげられるのも、首から下になっているので、需要と供給がうまくいっていることになるのですが、実は顔はムダ毛が多く、特に日本人の体毛は黒く濃いので顔のくすみなどが気になる場合は、一度カミソリなどで顔のムダ毛を剃ってみるとよくわかると思います。

しかし顔は色素沈着をしやすい部分になるので、あまり頻繁に顔にカミソリを当てることは勧められません。

やはり脱毛サロンや医療機関で顔脱毛を行い、なるべくムダ毛が生えない状態にすることで美肌美白効果を期待することができるのだと思うのですが、顔脱毛をとりあつかっている脱毛サロンの検索はなかなか難しいです。

顔脱毛ができるという場合でも、眉毛のあたりは鼻下だけということも少なくないので、顔全体の脱毛ができると言っている脱毛サロンの場合は、脱毛できる部位をきちんと確認してから脱毛の契約をしましょう。

個人的なオススメは両わき脱毛をセットにした顔脱毛があるTBCですよ!

電話占いも研究のヒントとなりえるのか

STAP細胞って話題になりましたね。iSP細胞を上回る可能性を秘めているとして、また発表した理化学研究所の子保方さんが若い女性だったこともあり、けっこう騒がれたような。でもその後、「再現できない。」との声が相次ぎ、再度詳しく作製手順の発表を行なったり、論文で使用した写真が別の論文で使われている写真と酷似していると言われたり。

そして、日米研究チームの一人、山梨大の若山教授が日本人共著者たちに対して、論文の取り下げを求めたとか。

何事も誤りはあると思うので仕方ないと思うけど、騒がれ過ぎたことがお気の毒。

何が真実で何が嘘なのか、まだわからない。

科学者は電話占いなんて認めないのかな。それとも、何かヒントを得るきっかけとして使うこともあるのか。

科学とはちょっと違うけど、心理学者のユングと占いの親和性についてよく言われますよね。

でも、誤解してはいけないのは、ユングが占い自体に興味持っていたというより、「当たった。」と感じる人間の心理メカニズムに興味を持って研究していたということです。つまり、人間の心の動きを観察するツールとして占いに注目したということで、占いそのものを研究していたわけではないということ。じゃないと、「ユングは占いを信じていた!」という誤解になりかねませんものね。

SBC新宿近視クリニックでレーシック手術をした吉田麻里絵選手が出場していないのは残念

ソチ・オリンピックが始まってもう1週間、もう半分が終わろうとしています。

連日連夜、夜更かしの日々が続いているので、これが無くなってhしまうと逆に物足りなくなりそうだな。

なかなかメダルが取れなかった日本選手団でしたが、ここ2日、銀メダル2個、銅メダル1個と立て続けに獲得。これで波に乗ってほしいなと思います。

トリノ・オリンピックのときは、4位とか、あと一歩で逃すという成績が多くて。いや、世界で4位と言うのもすごいんですけど。フィギュアスケートの荒川静香選手の金メダルを獲得し、ようやく溜飲を下げたと言うか(笑)。そして、これが日本がこのオリンピックで獲得した唯一のメダルとなりました。

15日土曜日には女子スケート・ショートトラックの競技が行われるけど、どうかな?

SBC新宿近視クリニックではショートトラックの吉田麻里絵選手がレーシック手術を受けたそうだけど、今回のソチ・オリンピックには残念ながら出場していないみたい。

まずは今からフィギュアスケート男子ショートプログラム。皆、納得の演技をしてほしいなあ。

大口融資には銀行系カードローンが安心かな

今までチマチマと少額の借入れはしたことが多少はあります。

消費者金融系のキャッシングですね。すぐに審査も通って即日融資なのでいつも助かっています。

でも、時々考えるのですが、もし大金が急に必要になった時に大口融資も今までみたいに簡単にできるのかな?

そもそも、私が利用しているようなキャッシングの会社は最大いくらまでなのか気になって調べてみました。

結構、500万とか大丈夫みたい。勿論、審査は厳しくなるだろうけど。

でも、大口融資を受けるならやっぱり銀行系カードローンが安心な気がします。

メガバンクにみずほ銀行カードローンはさすがの1000万円まで大丈夫!

まぁ、そんなに借りる事態にはならないだろうけど、ここまで余裕があると安心です。

でも、お金って簡単に借りれるとついつい気持ちが大きくなって借り過ぎたりしがち。

ご利用は計画的に!というのは単なる宣伝文句だけじゃなく本当に警告だと思います。

実際、私も調子に乗って借り過ぎて返済に焦った時期がありました。

もし、大口融資を利用するような時は返済計画をきっちりしておかないといけませんね。

カードローンは即日融資をうたっているところが多い

ちょっとお金が足りないとき、カードでお金を借りることを『キャッシング』と言いますよね。でも、よーく考えたら『Cash』って『現金』という意味。たしかに現金が出てくるわけだけど、それは借金だから自分の現金ではない。まぎらわしくないですか? 借りているという感覚を希薄にさせるというか。ちなみに、外国でそのように小口融資してもらうことを『Cashing』と言っても通用しません。念のため。

で、なぜ『キャッシング』というコトバを使うようになったかというと、もともと貸付に対して『ローン』というコトバを使っていましたが(これは『Loan』というレッキとした英語)、住宅ローンや自動車ローンのような高額な貸付を連想させるため、少額の個人向け自由目的の貸付に対して『キャッシング』というコトバを当てたようです。

最近では『カードローン』というコトバも使われるようになりました。こちらのほうが実態に即しているかも。カードローンは即日融資をうたっているところが多いです。そして、最高融資額500万円とか800万円とか、けっこうな高額が上限として記載されています。もちろん審査に通過しないといけないので、全額認められない場合もあるでしょうが。